命術

人生の流れや、運勢の傾向を知る

九星気学

中国に伝わる「九星術」をベースに、大正時代に園田真次郎が創始したのが「(九星)気学」です。
宇宙のあらゆるものを動かすエネルギーを「気」と呼び、人間の運命はその「気」によって決まるという思想に基づいています。年・月・日・時間ごとに変動する「九星盤」を用い、生年月日の五行と十二支から「本命星(生まれた年に中宮に回っていた九星)」や「月命星(生まれた月に中宮に回っていた九星)」、さらにその二つの組み合わせから「傾斜宮」などを割り出し、持って生まれた性格や運勢を読み解きます。特に自分と相性のいい「気」がある方角へ出かける「祐気取り(方位取り)」を行う際に用いることが多い占いです。


生年月日の九星と五行と十二支をから、「本命星」、「月命星」、「日命星」、「傾斜宮」、「同会」などを割り出し、持って生まれた性格や運勢を占います。特に自分と相性の良い「気」がある方角「吉方位」へ出かけ際に用いることが多い占いです。

九星には、一白水星(いっぱくすいせい)・二黒土星(じこくどせい)・三碧木星(さんぺきもくせい)・四緑木星(しろくもくせい)・五黄土星(ごおうどせい)・六白金星(ろっぱくきんせい)・七赤金星(しちせききんせい)・八白土星(はっぱくどせい)・九紫火星(きゅうしかせい)・以上9つの種類があります。
 
また、凶方位には、暗剣殺(あんけんさつ)・五黄殺(ごおうさつ)・本命殺(ほんめいさつ)・本命的殺(ほんめいてきさつ)・歳破(さいは)・月破(げっぱ)・小児殺(しょうにさつ)以上、七大凶方があります。(小児殺を含まず、六大凶方という場合もあります。)
 
 

西洋占星術

「ある瞬間」の星の配置が、そのとき地球上で起きた出来事や、そのとき生まれた人々に何らかの影響を与えている」という考え方をもとに「ホロスコープ」と呼ばれる星の配置図を作成し、運命を読み解く占いです。
太古の時代には「あの星が輝き出したから、種蒔きの時期だ」など、星の運行は人々の生活の指針となっていました。次第に災害や戦争、政変など、様々な社会的事象と星の動きの関連性が考えられるようになっていき、そこから未来を予知しようとする「占星術」が生まれました。
その後、17世紀頃までは天文学と占星術は表裏一体な面があり、天文学者ケプラーやレオナルド・ダヴィンチらも占星術を実践していたと言われています。科学が興隆を極めていく中、次第に「天文学」と「占星術」は切り離されていきましたが、現代になって、心理分析のツールとして占星術を用いる「心理占星術」が生まれたり、また面倒な計算を不要で占えるようにした「12星座(太陽星座)占い」が生まれるなど、さまざまな形で私たちの生活に浸透しています。
「世の中の流れ」「日々の運勢」「気になる人との相性」「あるいは自分自身の心の中」「未来に起きそうな変化」など、あらゆる事柄を占うことができます。

生まれた日、生まれた時間、生まれた場所、の星の配置が、何らかの影響を与えているという考え方をもとに「ホロスコープ」と呼ばれる星の配置図を作成し、運気や、性格、行動パターン、適職、恋愛の傾向、健康状態などを占います。

ホロスコープでは、
10個の惑星、太陽 ☉ ・ 月 ☽ ・ 水星 ☿ ・ 金星 ♀ ・ 火星 ♂ ・ 木星 ♃ ・ 土星 ♄ ・ 天王星 ♅ ・ 海王星 ♆ ・ 冥王星 ♇
が、どこに位置していたかを示し、その際に、星の位置を示す座標として使われるのが、「12星座」になります。

12星座には、
牡羊座(おひつじざ)♈ ・ 牡牛座(おうしざ)♉ ・ 双子座(ふたござ)♊  ・ 蟹座(かにざ) ♋ ・獅子座(ししざ)♌ ・ 乙女座(おとめざ)♍   ・ 天秤座(てんびんざ)♎ ・ 蠍座(さそりざ)♏ ・ 射手座(いてざ)♐ ・ 山羊座(やぎざ)♑ ・ 水瓶座(みずがめざ)♒ ・ 魚座(うおざ)♓ があります。
他にも、世の中の流れ、日々の運勢、相性、未来など、あらゆる事柄を占うことができる、西洋の最も代表的な占いです。
 
 

算命学

生年月日を干支に置き換えて、陰陽五行説を元にしてその人の運命や性格を読み解く占いです。
中国の春秋時代に鬼谷子という人物が創始したという伝説があることから「鬼谷算命学」と呼ぶこともあります。日本では戦後に伝わり、高尾義政が「高尾算命学」として広めました。陰占と陽占にわかれ、陰占は生年月日の干支を読み、さらに陽占では「人体星図」という人体になぞらえた独自の図を用いてそこに「十大主星」と「十二大従星」を配します。特に「天中殺」の考え方が有名で、時間を司る十干支と、空間を司る十二支を組み合わせた際、十二支が二つ余ってしまうことから、その二年の干支の年を「バランスが崩れやすくなる時」として要注意の期間としています。


生年月日を干支に置き換えて、陰陽五行説を元にしてその人の運命や性格を読み解く占いです。

陰占と陽占にわかれ、陰占は生年月日の干支を出し、陽占では「人体星図」という人体の図を用いて占います。
陽占では、性格などを表す「十大主星(じゅうだいしゅせい)」と人生の諸段階の運命を暗示する「十二大従星(じゅうにだいじゅうせい)」を占います。

「十大主星」には次の種類があります。
貫索星(かんさくせい)・石門星(せきもんせい)・鳳閣星(ほうかくせい)・調舒星(ちょうじょせい)・禄存星(ろくぞんせい)・司禄星(しろくせい)・車騎星(しゃきせい)
牽牛星(けんぎゅうせい)・龍高星(りゅうこうせい)・玉堂星(ぎょくどうせい)
 
「十二大従星」には次の種類があります。
天報星(てんぽうせい)・天印星(てんいんせい)・天貴星(てんきせい)・天恍星(てんこうせい)・天南星(てんなんせい)・天禄星(てんろくせい)・天将星(てんしょうせい)・天堂星(てんどうせい)・天胡星(てんこせい)・天極星(てんきょくせい)・天庫星(てんこせい)・天馳星(てんそうせい)
 
また、算命学の「天中殺」は有名です。
時間を司る十干支と、空間を司る十二支を組み合わせた際、十二支が二つ余ってしまうことから、その二年は「足元が崩れやすくなる時期」で要注意の期間となります。
「天中殺」には次の種類があります。
子丑天中殺(ねうしてんちゅうさつ)・寅卯天中殺(とらうてんちゅさつ)・辰巳天中殺(たつみてんちゅうさつ)・午未天中殺(うまひつじてんちゅうさつ)・申酉天中殺(さるとりてんちゅうさつ)・戌亥天中殺(いぬいてんちゅうさつ)
 
 

誕生霊数

誕生霊数占いは、「数理運命学」のひとつで、365日を42通りに分けて運命を判断する統計学です。 人は皆、42通りの4桁の整数に分かれます。数字には、運命を秘めたミッションがあります。同じ数字でも、組み合わせ次第で、役割も変わります。変動する数字の置かれた理由や定めを読み解いてゆくことで、分かることが多々あります。それを研究し続けることが、誕生霊数占いです。
 
 

数秘術

はじめて占いを勉強する人にお薦めの講座です! 【簡単!すぐに使える数秘術】

生年月日や名前から算出した「数」による占いです。
古代ギリシアの数学者、ピタゴラスの「万物は数によって表される」という考え方が基になっています。1から9までの数は、それぞれ性質があり、自分が誕生日や名前にどの数を持っているかによって、運命を読み解くことができるとします。ユダヤの神秘哲学、カバラの暗号解読法、ゲマトリアなどが用いられることもあります。現在、主流となっている数秘術は20世紀前半、アメリカのミセス・L・ダウ・バリエッタが体系化したものです。
 
 

四柱推命

「年」、「月」、「日」、「時間」を元にして占いをすることから、「四柱推命」と言われています。
約1500年前に中国において成立した命術です。特に、その人の持って生まれた資質を読み解くことに長けているため、人材登用の際にも用いられました。
方法としては、占い対象の生まれた「年」「月」「日」「時間」を、十干と十二支を組み合わせた六十干支の暦から割り出し、その五行のバランスなどによって、その人の本質や運命を占います。年・月・日・時間、それぞれの干支を「柱」ととらえることから「四柱」の名がつきました。「年柱」はその人の家庭環境や20歳くらいまでの運勢を、「月柱」は仕事や結婚、20歳から40歳くらいまでの運勢を、「日柱」はその人自身の性格や才能、40歳以降の運勢を、「時柱」は晩年期の運勢と子どもや目下の人間との関係性を表しています。

インド占星術

インドで独自の発展を遂げた占星術です。
インドの聖典「ヴェーダ」の一つで「ジョーティシュ」とも呼ばれています。特に月を重視するのが特徴で「ナクシャトラ」という月の軌道を27に分けたものを使用し、自分がどのナクシャトラの生まれかが重要になります。1つの宿は13度20分ずつで、それぞれ月の神・ソーマの27人の妻の名前がついています。さらに、27宿はそれぞれ太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・ラーフ・ケートゥという九つの星(ラーフとケートゥは厳密には星ではなく、太陽と月の交点)が三つずつ守護しており、生涯、その影響を受けるとされています。実際に占う際は、四角いホロスコープを用いますが、特にハウスが重視されるのが特徴です。また、カルマ思想が色濃く反映されており、自分がどんなカルマを持っているのか、それがいつどんな形で現れるのかなどを読み解くのに用いられます。

紫微斗数

約1,000年前の中国で陳希夷という仙人がまとめた占いで、紫微とは北極星のことを表します。
旧暦の生年月日から「命盤」を作成し、運命を読み解きます。命盤には「十二宮」が存在し、これは西洋占星術の「ハウス」の考え方に相当します。例えば「夫妻宮」は結婚生活、「疾厄宮」は病気、「官禄宮」は仕事運などで、そこに「星」を配置し、どの宮にどの星が入っているかで、その人の性格を読んでいきます。ただし、この星は西洋占星術のような実在する惑星ではなく、北斗七星や南斗六星などに由来する「虚星(架空の星)」を暦から割り出して使用します。

宿曜占星術

約27日で1周する月の軌道を27等分したものを「宿」と呼び、自分が生まれたときに、月がどの宿の位置にいたかによって占います。
仏教の経典のひとつであった「宿曜経」が、平安時代に空海によって持ち帰られたのが始まりと言われています。なお、もともとは28宿あったとされる説もあり、これは牛頭明王が「牛宿」を占いに用いることに対して怒ったため、牛宿を除いた27宿となったと言われています。各宿には「命・業・胎」、「栄・親」、「安・壊」、「友・衰」、「危・成」という吉凶の関係性があり、これによって対人相性や日運などを導き出すことができます。

0学占い

御射山宇彦によって考案された、生年月日をもとに割り出す6つの「0星・(ゼロスター)」と、その陰陽によって分かれる12パターンの支配星「水星」「氷王星」「木星」「海王星」「月星」「魚王星」「火星」「冥王星」「金星」「小王星」「土星」「天王星」で運の流れを読み解く占いです。
さらに干支を元にした独自の「0学星座」が存在します。それぞれ支配星ごとに、12年で1周する「運命グラフ」が存在し、運の浮沈を表しています。人生を四季になぞらえてあり、冬の時期にあたるのが「0地帯」になります。

六星占術

中国に伝わる万象学、算命学、易学を元に、細木数子によって考案された、生年月日から運命を推測する占いです。
「土星」「金星」「火星」「天王星」「木星」「水星」という六つの星に分かれ、さらにそれぞれ陽(+)と陰(-)が存在し、合計12パターンに大別されます。それぞれ「土星人+」のように呼ばれます。運勢は12年サイクルで巡り、そのうち3年が「大殺界」と呼ばれ、行動に注意しなければ、後々不運やトラブルを呼んでしまう重要な時期であるとして、多くの人の関心を呼びました。

動物占い

生年月日から性格を動物に例えて占う占いです。
陰陽五行思想を基にした四柱推命の十二運星を動物名に置き換えた(例:沐浴→チータ)ものを中心に生み出されました。この占いは、心理学者でもあった増永篤彦が行った、日干から日支に引いた十二運とある種の性格分類に相関があるとの説が基本にあります。基本的には12の動物と4つのグループに分けられています。
性格診断、相性診断、恋愛占いができるものなど様々な動物占いが誕生し、派生した占いも多数あるようです。

動物占いの動物の種類はというと、ライオン・チーター・ペガサス・ゾウ・猿・狼・コアラ・虎・タヌキ・こじか・黒ヒョウ・ひつじの12種類の動物から成り立っています。
 
 

令翠学

令翠学とは運命分析学です。
人間は、【天命】【宿命】【運命】 の元に生まれ落ちます。
 天命 ・・・ 天変地異など人間の力では変えられない自然の理(ことわり)
 宿命 ・・・ 親は選べないといった、生前から決まっている自分では変えられない理(ことわり)
 運命 ・・・ 巡りあわせといった人間、万物との関係による理(ことわり)
その命は1人として同じ<運命>をたどることなく、十人十色の理(ことわり)があり、道があります。自分で切り拓く事の出来る理(ことわり)は、<運命>のみです。言い換えれば、<運命>は自分で切り開くことが出来ると言えます。

占い通信講座

命術

  • すぐに使える簡単!数秘術講座

    数秘術では、名前を数字にして読み解く方法もありますが、名前を抜いた基本の数字のみに特化していますので、誰でも簡単に短時間で覚えやすいように仕上げています。また、その人の特性、行動パターンや人生の後半に待っている数字も学んでいきますので、人間関係に悩まれる方にも相手の特徴を知ることができるのでおすすめです。
    ★講師:エト天命
    ・受講方法:オンデマンド講座
    ・修了証:なし
    ・難易度:★☆☆☆☆

  • 誕生霊数講座(初級)

    誕生霊数占いは、365日を42通りに分けて運命を判断する統計学です。難しい漢字や記号を覚える必要はありません。誰でも簡単に人生のバイオリズムを読み解くことができる命術です。ビックリするほど簡単で、ビックリするほど当たる、面白い占術です。4桁の数字だけで、性格/相性/日運/年運/大運/恋愛運/経営/ビジネス運/健康運などを的中させてしまう、大変使い勝手の良い占術です。
    ★講師:成澤 滉虹
    ・受講方法:オンデマンド講座
    ・修了証:あり
    ・難易度:★☆☆☆☆

  • はじめての方から学べる「西洋占星術講座」

    西洋占星術講座は、初心者から学べる内容になっています。自分が何座生まれなのかは知っているけど、あとは何もわからない、太陽星座って何? 月星座って何? 惑星って何? 西洋占星術を勉強した経験の無い方からでも学べる講座です。星座の記号や、惑星の記号を読めない方から勉強できます。
    ★講座: ルビーL
    ・受講方法:オンデマンド講座
    ・修了証:あり
    ・難易度:★★★★★

  • 西洋占星学講座(実践鑑定動画120本付き)

    西洋占星術通信講座は、生年月日時の惑星位置と出生地の緯度・経度を基にホロスコープと呼ばれる星の配置図を作成し個人の個性、性格や価値観および一生の運命などを分析します。また、個人が生まれてから死ぬまでの間にどのような変化や成長をするのかどのような出来事にいつ遭遇するのかといった変動していく運命を読み解くこともできます。実践鑑定動画127本付きなので実践力アップ!
    ★講師:暁 瑠凪
    ・受講方法:オンデマンド講座
    ・修了証:あり
    ・難易度:★★★★★

  • 実占ホロスコープの見方講座

    実占ホロスコープの見方講座(Web講座)は、ホロスコープのリーディングのみに特化した講座になります。西洋占星術を勉強したのですが、難しすぎて、なかなかリーディングができず西洋占星術の難しさに頭を抱えている方に、イチ押しの講座です!
    ホロスコープは、基礎だけ覚えた後は、リーディング、リーディング、リーディング!
    ★講師:森月ウラン
    ・受講方法:オンデマンド講座
    ・修了証:なし
    ・難易度:★★★★★

  • 算命学入門講座

    算命学講座(入門講座)は、世界でも屈指の高い精度をもつ中国最古の占星学。中華街でも活躍し、芸能人も鑑別する占い師が要点を絞って本当に必要で大切な部分だけをわかりやすく明確にカリキュラム化して、お伝えしています。受講後はすぐに鑑定ができるようになり、実生活の中ですぐに役立てることができる希少な講座です。
    ★講師:白羽登美
    ・受講方法:オンデマンド講座
    ・修了証:あり
    ・難易度:★★★☆☆

  • 中級レベルまで学べる「九星気学・風水講座」

    九星気学・風水講座は、日本で行われている東洋の占いの中でも最も一般的で人気の高い気学を「性運学」「方鑑学」「留年学」に分類し基礎から中級レベルまで分かりすく学べます。風水は、方位の持つ意味・住居・店舗・事務所の間取りの吉凶を学び、陰陽、五行、八卦などの基本的な知識を身につけ、空間の気の巡りの整え方などを学びます。
    ★講師:秋山 勉登務
    ・受講方法:オンデマンド講座
    ・修了証:あり
    ・難易度:★★★★☆

  • 中級レベルまで学べる「九星気学講座」

    九星気学講座は、日本で行われている東洋の占いの中でも最も一般的で人気の高い気学を「性運学」「方鑑学」「留年学」に分類し基礎から中級レベルまで分かりすく学べます。性格や運命を判断する「性運学」・方位の吉凶を判断する「方鑑学」・年の運勢を判断する「同会法」を学習します。また「同会法」では、年の運の推移による運勢を判断する方法を学習します。
    ★講師:秋山 勉登務
    ・受講方法:オンデマンド講座
    ・修了証:あり
    ・難易度:★★★★☆

  • 1日でわかる「九星気学講座」

    1日でわかる九星気学講座は、17年間にわたって研究や経験を続け多くの受講者を生み出した占い法の核心を、1日で分かるように詳しくまとめました!この占い術の核心となる部分は、本屋などに並んでいる書物には、まず書かれていないような、通常では知ることのできないこともふんだんに含まれています。
    ★講師:桑島鑑慶
    ・受講方法:DVD講座
    ・修了証:なし
    ・難易度:★★★★☆

  • 6時間で学べる「九星気学講座」

    合理的に使える九星気学のエッセンスを6時間に凝縮してお伝え致します。気学を使って誰もが知りたい開運の方位や、凶方位はもちろんですが、出向いた方位で何をしたら良いか、まで詳しくお伝えしております。
    その他、生まれ持った個性の特徴や、恋愛運や結婚運、仕事運、財運を開運させる方法など、すぐに実用できる内容に凝縮致しました。
    ★講師:相佐 有嬉
    ・受講方法:オンデマンド講座
    ・修了証:なし
    ・難易度:★★★☆☆

ページトップ