九星気学・風水

中国に伝わる「九星術」をベースに、大正時代に園田真次郎が創始したのが「(九星)気学」です。

宇宙のあらゆるものを動かすエネルギーを「気」と呼び、人間の運命はその「気」によって決まるという思想に基づいています。年・月・日・時間ごとに変動する「九星盤」を用い、生年月日の五行と十二支から「本命星(生まれた年に中宮に回っていた九星)」や「月命星(生まれた月に中宮に回っていた九星)」、さらにその二つの組み合わせから「傾斜宮」などを割り出し、持って生まれた性格や運勢を読み解きます。特に自分と相性のいい「気」がある方角へ出かける「祐気取り(方位取り)」を行う際に用いることが多い占いです。


生年月日の九星と五行と十二支をから、「本命星」、「月命星」、「日命星」、「傾斜宮」、「同会」などを割り出し、持って生まれた性格や運勢を占います。特に自分と相性の良い「気」がある方角「吉方位」へ出かけ際に用いることが多い占いです。

九星には、一白水星(いっぱくすいせい)・二黒土星(じこくどせい)・三碧木星(さんぺきもくせい)・四緑木星(しろくもくせい)・五黄土星(ごおうどせい)・六白金星(ろっぱくきんせい)・七赤金星(しちせききんせい)・八白土星(はっぱくどせい)・九紫火星(きゅうしかせい)・以上9つの種類があります。
 
また、凶方位には、暗剣殺(あんけんさつ)・五黄殺(ごおうさつ)・本命殺(ほんめいさつ)・本命的殺(ほんめいてきさつ)・歳破(さいは)・月破(げっぱ)・小児殺(しょうにさつ)以上、七大凶方があります。(小児殺を含まず、六大凶方という場合もあります。)

  九星気学・風水講座

ページトップ