数秘術

生年月日や名前から算出した「数」による占いです。
古代ギリシアの数学者、ピタゴラスの「万物は数によって表される」という考え方が基になっています。1から9までの数は、それぞれ性質があり、自分が誕生日や名前にどの数を持っているかによって、運命を読み解くことができるとします。ユダヤの神秘哲学、カバラの暗号解読法、ゲマトリアなどが用いられることもあります。現在、主流となっている数秘術は20世紀前半、アメリカのミセス・L・ダウ・バリエッタが体系化したものです。

  数秘術講座

ページトップ